石屋雑感

戸室石(とむろいし)

b0062748_20575728.jpg

赤戸室(あかとむろ)、青戸室(あおとむろ)と
鬼さんのように 赤だ青だといろいろなのですが
写真のは 赤戸室石を 粉々にしたものです。

何をするのかと言えば
この石を みかん袋にでも入れた状態で
お風呂に 浴槽につけてみようかと算段しているのです。

ブクブクと気泡がたち
それが お肌に良いのだと聞きました。

となりの欲の深いバーサンは
早速 まねしてみよー、そう思ったのです。

戸室石といえば むかし、加賀の前田のお殿さましか
使用できなかった
由緒正しき いしな=石であります。

それをまあ 庶民の石屋の分際で
風呂に入れてみよーとはっ!
世も末でございます・・
by f-sekkou | 2007-06-14 21:08 | お商売 | Comments(3)
Commented by 51 at 2007-06-15 00:25 x
そ~ですか。戸室石が取れるのは医王山の石川県側、真石は富山県側の小矢部川上流です。
自然の現象ですから人知の及ばぬ所ですが、基本的には似た感じはあります。
石屋様の若奥様はご自分専用の湯船を、赤戸室の大きなイシナで作ってはいかがですか?    
Commented by 148 at 2007-06-15 09:21 x
ふ~ん・・

実際、洗い場はね 赤戸室石が敷かれています。
でも いまのところ、お尻もピカピカにもなってないし

ただ 夕べ お風呂に入れてみたのですが
気持ち、お肌によさそうな感じがあったので
まずは 里の親や姉、叔母たちに 石!を送りつけてみよー
ト、思っているのです。
Commented by 51 at 2007-06-15 22:56 x
親孝行したい頃には親は無し、墓に布団を着せられもせず。

戸室石の欠片で親孝行ができれば、後悔はしないで済む~(o^-^o)
<< 昨日みたもの はつ音便 >>



株式会社福光石工