こたえ

通例からいえば ひとりぐらいでは死刑にならないのですって
命は地球より重いと 昔の首相は言っていたのに
数からいくと 今回ひとりなのに死刑と判決が言い渡された

その命に代わるものは ただのひとつもない。

執行されて亡くなった宅間被告と同じように小林被告も
反省の気配がなく 自分の名がとどろくことを喜んでいる様子があると
ニュースでは言っていた
被告の弁護人も 彼を死刑にしても第二第三の小林が発生するだろうと言っている

裁くことの どこかに伴う徒労。

自分にも手をやいているのに けれど関わりを持たないではいられない
世間の様子にも所在無さを感じてしまう
安倍内閣は 経済や行政や教育や外交やいっぱいの事を
再生させていかなければいけないらしい
いやでも 路傍のわたしにも関係性は生じ
来年のわたしは どんなだろう

てごたえ、というものは どうしたら得られるのかしら
明晰なこたえ、というものを 得るためのマニュアルを
どこかに拾いに行きたい

(八重山商工の金城長靖さんは どこの社会人野球に行くのか・・)
by f-sekkou | 2006-09-27 00:15 | 世事 | Comments(2)
Commented by 51 at 2006-09-29 14:47 x
”市中引き回しの上、張り付け獄門 ”日本でも昔から法を破ると死刑が待っていたのです。
皆が勝手な行動を起こさないように約束を取り決め、場合によっては我慢させられているのですから、守れなかった者には罰を与える。
でないと無法地帯と同じ。
死刑の判決が確定しているのに執行されないのは法務大臣の職務怠慢だ。
ナガセジンエン( ̄. ̄;)まじめに仕事やってくれよ~ぉ。
矢来の竹垣の中での死刑の場面・・・時代劇を見ていても悪いことをすれば、ああなるとビビリながら観ていたものだ。
もっとも悪くないのに張り付け寸前の場面が多かったのも映画ならこそであったが。
Commented by 石屋ママ at 2006-09-29 15:52 x
貼り付け、ありがとーございます。


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧