歳暮

宅配のシステムのおかげで 遠くにいたって
ちゃんと荷物を届けてもらえる。下宿していたウン十年前には
まだそういう利便性がなかったので
重たいお米も引きづるようにして 電車を乗り継ぎながら
3畳一間まで 運んだものです。

この時期 里の親と義兄と富山の家という三角関係の間を
さまざまな荷物が行き交う。

手作りコンニャク、落花生、にんじんが来れば
かぶら寿司、干し柿が行く。
それぞれの使命を託されて 食べ物たちが矢のように放たれる。

そうして 後にはカラカラと
財布の中を風がふく・・

・・・むかしながらの鶴屋の落下煎餅が喰いてーー
by f-sekkou | 2006-12-19 20:10 | 世事 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧