カテゴリ:世事( 206 )

予備校が無くなっていく

両国予備校が2/8付で閉鎖と聞いた。知らなかったけど研数学館も2000年に閉鎖されて居酒屋の『和民』に衣替えしていた。昨年はラジオ大学講座のひとつ、英会話のハリス先生も逝去され 寂しく思っていました。受験産業には賛否両論ありますが 体験して感謝していることは、学費を黙って支払ってくれた両親と 市ヶ谷のこれも今は存在しませんが、江川トミ料理学院の坂を登った所にあった城北予備校の授業と先のハリス先生を始めとするラジオ講座です。ラジオ講座も始めた頃は現国も数学も何もかもチンプンカンプンで 正解を書けなかったけど 深夜に小さく鳴り響くラジオ講座のはじまりの音楽は、勉強しているのは私だけじゃないという仲間意識も育ててくれ いざ受験という間際まで充実した気持ちで聴講できました。本末転倒かもしれないけど城北予備校で古文も英文法も英作文も大好きになって、殊に あれほどさっぱり判らなかった古文が先生の言う通りにノートに清書して学んでいくとわかっていくのでした。わかると苦だった勉強も楽しいものにかわります。勉強の楽しさを城北予備校と深夜のラジオ講座が教えてくれたのは本当です。
by f-sekkou | 2005-02-11 12:50 | 世事 | Comments(0)

サッカー 対北朝鮮

昨夜のサッカーで、いきなり小笠原さんが1点入れたので なんかこの試合、楽勝って気合がぬけて つい新聞記事に目がいきライブドアがニッポン放送の大株主になった!と書いてあり その理屈を読解しようと無理していたら眠くなっちゃってその後の日本側のミスやあともう少しなのにというじりじりしたヤリトリや 向こうに1点許してしまった場面とか外国で頑張っている中村さんたちをメンバーに入れ替えた後の日本側の体制の盛り返しとかの色々を実況で見られませんでした。傍で何回も夫から起きろよと言われていたのは うつろにわかっていたんですが、ここ1番って時にコレですからね。試合の後そのまま埼玉ドームからニュースステーションに引き継がれて この試合のハイライト場面を見たり 在日と呼ばれる方々のその日の1日、みたいな画面を見ていたりしたら 私って何にも知らないんだなあと改めて思いました。朝鮮の学校の子供さんたちがこんなにもたくさんいらして 普通に日本人で、でも祖国は朝鮮で という感じで。でもこのカオスの状態にあって色んな意見、様々な感情が束縛されずに動いて動いてそして北朝鮮、韓国、日本があたりまえに友好関係を作っていけたらよいのになあと思いました。 
by f-sekkou | 2005-02-10 12:23 | 世事 | Comments(0)

鄭香均(チョンヒャンギュン)さん

富山にも国際職芸学院と <国際>と銘打った学校があります。日本中に国際○○学校、○○大学国際学部があります。外国語学習もブームを超えて これからはビジネスに生き残るためにも必須だと騒がれています。そういう世の中なんだなと思ってみていました。でも昨日の新聞には 最高裁の判決として、外国籍の方の昇進試験の受験は認めません と載っています。最高裁判は、ひとりの偉い裁判官が判決を下すんだと思っていたら 違うんですね。15名の裁判官の多数決で判決されるのですね。ここでも多数決なんだ、と思ったら やはり100%純粋に正しい判断は無理だろうと思いました。亡くなられた作家の住井すゑさんが 言われた言葉に 人が為す、と書いて偽り 所詮人の行うことはニセモノであり だから私たちは少しでも真実に近づこうと努めるんだという意味の言葉 を記憶しています。この判決も所詮人為的であり これが正しいとは言えないだろうと思いました。記事にあった「合理的な理由に基づく区別」クベツ!腸がねじれてチェッと舌打ちするような、厭なかんじのコトバ。区別と差別。西欧の人は黒人を区別する 分類するから黒人とのあつれきは生じない。でもアメリカ人は黒人を差別する。差別には感情が伴う。だから黒人とぶつかりあう。その意味で まだアメリカ人の方が人間的だという意味合いの文章が むかし読んだ五木寛之の“風に吹かれて”にありました。記事で初めて目にしたコトバ「特別永住者」。在日韓国人の別称でしょうか。そもそも 在日って何なの?生まれて育った所が日本なら その人は日本人といえるんじゃないの?敢えて、分ける感覚がとても不思議。労働基準法第3条には「労働者を国籍などで差別してはならない」と明記し憲法第14条にも「法の下の平等」をうたい 小学校で習う理科でもヒトの体のしくみは解剖図にもあるように ナニジンだろうがしくみは一緒でしょう。「合理的な理由に基づく区別」により違憲ではないとすることは まるで 実情を書面にあわせたような まず ありきは書面で ヒトの書いたものが現実にそぐわなければ 書面を直せばいいのにと私なら簡単にそう思うのにな。このニュースがまた外国に知れ渡るんだと思うと 恥ずかしいな。とても恥ずかしいです。この裁判をおこした鄭香均(チョンヒャンギュン)さんは 国籍を日本に替えたら上級試験もトライできたのでしょうが それをしないのは やはりidentity、自分が自分であることを否定しない 当然のプライドにのっとってのことでしょう。彼女のidentityを否定したこの司法による判決は やはり人間として恥ずかしいことです。
by f-sekkou | 2005-01-28 13:23 | 世事 | Comments(0)

教育が泣くよ。

おれおれ詐欺のグループの一角が 判明したとニュースで聞いた。電話で言葉たくみにしゃべる実行犯、うその事故の報告をする者とかけた電話の先の家族に成りすます者、入金したら即座に現金を引き出す係りと用意周到に役割分担を行い 少年らをグループ化して其々を会社と称し其々に社長をもうけ そうして数百人を統率するひとりのオヤダマ。これも案外、子であるかもしれませんが。警察がこういう状況をつかむということはやはり表じゃない世界と道筋があるっていうことなのでしょう。沖縄旅行やホテルでの宴会を飴として ノルマを果たせない場合は 暴力というムチで 少年たちを動かしていたと聞きました。こういうニュースを聞いて 学校の先生方は その胸を痛めないのかしら。しつけをきちんとできない親の責任も問われますが、私にも耳がいたい言葉であるのですが 家庭が第一に問われることを前提にして やはり教育、学校教育もその次に問われるでしょう。教育の名に値しない授業をして 年数がたったらエスカレーター式に卒業させる あるいは中退させる、殺伐とした風景を想像しました。相手の顔の見えない電話という物を通してだから 人を騙せるんでしょう。人を面前にしては やはりできなかったことでしょう。virtual。少年たちのやったことに彼らでさえ実感が伴わないんじゃないかしら。教育ってなんなのでしょう。点数の良し悪しだけで人の能力は問えないから もっと学習時間にゆとりをもたせ 自分で思考できる人を育てましょうと学習指導要綱は改変され より良い教育を目指して文科省はすすめてきたとおもいます。betterを希求することは良いことだと思うのに 現実は厳しい!ものです。事件に関わった少年たちの親御さんが とても気の毒です。こんなくだらない不始末をおかす判断力のない育ち方をした少年たちが なんともお気の毒です。社会に出る前の 学校の教育の中で 人が育っていける力を養成できないものでしょうか。先生っていう職業はだから難しいとおもうのです。その品性までも 生徒にまっすぐに問われるでしょうから。おれおれ詐欺もまた少年事件なのかな。教育っていうコトバがぺりぺりとはがれて 風にたっていってしまいそうだ。

 
by f-sekkou | 2005-01-27 14:36 | 世事 | Comments(0)

受験生は大変な時季に受験する

うん十年と変わらない不便な事は、受験の時季が一年で一番寒い 1~2月、3月前半にあるということ。雪の少ない首都圏でも この頃に降雪があったりして 電車、バスが通常どおり運行しないことは よくあります。ずらせないものなのかしら。我が家には、受験生はいないけれど 一年間あるいはそれ以上に必死に勉強して いざ本番で 風邪をひいたり諸々の悪運をしょってしまう人も結構 いるだろう?と思います。って甘いのかな。想像できるだけのハードルを克服して今も昔も受験生は 頑張るしかないのかな。この時季を感傷的に迎えてしまうのは、パブロフの犬のように 受験生だった自分に いい年こいても戻ってしまうからかもしれない。最近は随分減ったけど 落ち込んだときに 繰り返しみた夢、試験に寝坊してその試験を受けられずに単位を落す あの夢。実際にやっちゃったし。だから この時季 試験とか受験とか 厭なんだよね。
by f-sekkou | 2005-01-12 16:43 | 世事 | Comments(0)

税金て誰のためのものなの?

今日20日だから締めて、お給与の計算をして年末調整をして25日は土曜日だから前日の24日には従業員の皆さん(私も含め)にお支払いしなきゃなと思っていたら インターネットニュースに いきなり 1710億円の増税と見出しが出ていて ほんとうにいやな気分になっちゃった、です。このあいだまでお勤めご苦労様でしたの元富山県知事の中沖豊氏に2億何千万だかの退職金が 無事議会を通過して支払われるとニュースで聞いて 選挙権があったって こんなとき否決の意見ひとつも言えないんだなって虚しくなっていたのに。 どうして税金で働く人の厚生費や退職金は 優遇されるのかな。税金は税金を徴収した人々のものなのかな。 今年の年末調整は厭な気分です。うちの会社にも専業主婦の方のおうちがあって その配偶者特別控除が今回からできなくなるのですから 今までよりお返しする金額が少なくなります。専業主婦もパートかなにかでとにかく外で働けっていうのかしら。おうちの事情で出かけられない方もいっぱいいらっしゃると思います。住民税も来年から上がるというし 厚生年金保険料もそう 高齢者の公的年金控除も小さくなるというし ガソリン税に酒税、消費税と暮らしに密着した税金ばかりが 上がる上がる。これって どのように捉えたらいいのかな。もっと民間から優秀なアドバイザーを国に派遣して お金の、税金の使い方をチェックできないのかな。税金を黙って納めるのやめたいな。自分から発動できないけど誰か一緒に税金の未納運動をしてくれないかな。税収入が緊迫しているから 僕は議員を辞職しますって 誰か言わないかな。
by f-sekkou | 2004-12-20 19:01 | 世事 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧