<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

展示会

10月31日。あと2ヶ月したら、お正月なんだ。
だもの 朝晩は寒いはず・・。

11月3日、4日、5日と旧福野体育館で
南砺市産業展が行われます。あちらこちらから
業者さんが寄って、割り当てられたスペースで自己表現するの。
うちは石屋だから ミニチュアの墓石、お値段の異なるお花立石、
石の小物、花器等 @500~扱います。
趣味の雑貨を売っていて優雅にみえるオーナーに 
ひそかに憧れているんだけど 果たして実際みなさん、いらしてくださるかしら。

五ケ山の和紙製品とかお豆腐、お団子も販売されると聞いているので
そっちに正直 興味はいっているんだけど。

どんな雰囲気になるのかしら。
展示会に参加するなんて、お店屋さんみたいで
ドキドキしているんだなあ。
by f-sekkou | 2005-10-31 16:37 | お仕事 | Comments(0)

連続の連続

ワトソンとクリックの発見したDNAのらせんの絵。
教科書に載っていたあの絵の感じだ。

今日も昨日もその前もまたその前も 
地にふしてお祈りをするような格好で
石に貼り付けたゴムシートを彫刻用のナイフで刻む作業を
していた。ゴムシートには文章や名前を一文字1.5センチサイズに
作製して貼り付けてある。

写経もこんな雰囲気なのかしら。

次第に気持ちが刻む文字にだけ集中していくんだ。
こういう単純作業が私の性格には向いている。
ただ、そのせいか年中 右の親指の付け根が鈍く痛い。

社長は本当なら今日は 組合のボランテイアに参加しなければいけなかった。
工期が迫っている仕事をやっつけなければいけなかったので
他の組合員さんには恐縮しながら 本業に勤しんでいた。
(フォローにならないかもしれないけど・・)

社長さん、とおだてられたり
社長さん、と軽んじられたり
結局 身体が資本・担保の零細企業のトウチャンは
やっぱり大変だなあって、こうして たまには思うことがある。

果てまで歩いたって
きっと楽な商売はないんだろう、って思うんだ。
by f-sekkou | 2005-10-30 19:56 | お仕事 | Comments(0)

南部校下運動会

昨日は、朝は気持ちの良いほどの秋晴れだったのに
天気予報通りに ちゃんと昼近くから雲行きが怪しくなっていった。

午後から運動会が、たんぼ2~3枚向こうの小学校で行われた。
小学生、そのご家族、、来年一年生の保育園、近隣の人々が参加する。

グラウンドでできなかったから 狭いけれど体育館で始まった。
保育園さんも小学生も とても活発で、先生の声高な注意に促されて
にやにやしながら整列、集合をされる。
まわりのおとなたちの方が だらしない様子で
てれてれ動いている。

雨天のプログラムは 数も減るので、その分
来賓の 福光中学校のブラスバンドのみなさんの演奏をスイングを
たっぷり聞かせていただいた。
間にコーラスも交え 美しい音を奏でる人はお声もきれいなんだと思った。
30人ほどの部員の1/3は、この南部小学校の卒業生です、と
ひとりひとり自己紹介してくれた。

小さな子達は尊敬も混ざって うっとりするように
おとなたちも感心した様子でじっと演奏に耳を傾ける。

子どもたちの地区対抗の負けられないわ!という熱気と
おとなたちの すっかり鈍くなった運動神経の動きと
おだやかな熱さの中で競技がすすみ その間での
この演奏と 楽しい運動会だった。

よい中学生、高校生になっていってくださいね、
おばあちゃんになったような気持ちで参加していた。
by f-sekkou | 2005-10-24 08:38 | 日常 | Comments(0)

靖国神社参拝

昨日 公務をぬって小泉総理が靖国神社を参拝した。
一般の参列者が利用するところで 平服で
38秒黙祷されて 滞在は正味5分ほどなんだそうだ。

日本は今後 絶対戦争はしない、不戦の意味も込めて
過去の日本に身を呈して尽力いただいた方々を
総理は弔っているだけなんだ、そう一万回も何万回も唾をとばして
説明しても やっかいな『感情』は治まらないんじゃないか、って。

戦争の実際って 映画とか書物とかお話などを通してしか
リアルにはわからない。
経験したことしか知識として身につかないものだ、と聞いている。

加害者の日本側も被害者を兼ねている。
被害者側もまた然りの面もあるだろう。
どちらも酷い経験しかしていないんだろう。

それでもよその国土に分け入って
戦争をして一般の方々にも危害を与えてしまっていることは
事実として動かしようがないでしょう。

戦犯もまた悲しい同胞には違いないけれど
他国からみたら戦犯は戦犯、はっきりとした憎しみの対象でしょう。
戦犯以外にもたくさんの敵があるでしょうが。
そういう『感情』を逆なですることは 日本の代表者としての
総理大臣には 謹んでもらいたい。

彼の行動がすなわち国民の総意とも解釈されやすいのではないかと。

慎み、つつしんでください。
by f-sekkou | 2005-10-18 19:43 | 世事 | Comments(0)

かなわぬこと

前世とか次生まれ変わったらとかって、厭なんだ。
この心の葛藤も思いも 死んだらこれっきり、
踏ん切りつけたいんだ。

それを前提に わたしはおもうことがある。

友達がいっぱいで 幼稚園でものびのび遊んでいて
小学校でも中学校でもいつも友達に囲まれていて
先生に「おまえ、悩み事のひとつでも言ってみろ」なんて
軽口をたたかれるの。
親戚のおじさんやおばさんには
あたりまえにかわいがられて 親戚の人がくると
喜んでその中にいるわたし。

そんな人になってみたかったな。
それで 結婚しても里の家がすぐ傍にあるか
あるいは家を継いで同居していて
なにか困ったり 子どもを預けたいときに
すぐにお姉ちゃんや母親に預けにいくの。
お買い物も一緒に普通に行くの。

実際 そうしていたら
今の私よりさらにダメ嫁なのかもしれない。

でも そんなこと思ったりする。

秋の夕暮れはストンッて すぐに暗くなるからかな
普通に父親に会いたいな、とかお姉ちゃんと
うだうだ喋りたいなとかっておもったりする。
by f-sekkou | 2005-10-17 18:49 | 日常 | Comments(0)

秋の空

秋の空_b0062748_11552790.jpg


32才の長男Nさん。
女性遍歴皆無、お酒は なめる程度。
外見より中身で人と接するタイプ。
独身女性とはなかなか会話をしにくいんだけど
おばちゃんや子どもとかだったら
とても盛り上がる。

だから 私なんて、いつも
Nさんとの無駄話が大好きなんだ。

弊社にお勤めのNさんに誰か紹介してほしい。

いい人なのにもったいないなー、本当に。
by f-sekkou | 2005-10-17 12:03 | 日常 | Comments(0)

自由

日中戦争は、日本の侵略戦争じゃないんだよ
ミタイナ御本がまた出版される。
朝日新聞の広告に載っていた。
アガリスクで癌からの生還!の類の御本だって
朝日新聞の広告でみたような気がする。
出版も広告もお互い自由だから変な規制はないから。

選択するのは個々人なんだ。
選び損なうのも個々人だから。

自由って、時に恐ろしい。

フィリピンって、帝国主義の時代には
比律賓って書くんですね。戦争で亡くなられた方の
お墓の拓本を見ていて知りました。
その方は25才で亡くなっていた。

25才で戦地で死んでしまう。

事務所で一人でパソコン作業をしていたからか
拓本の文字を筆書体のソフトで打ち直していて
その若さで死んでしまうことに 気持ちが滅入ってしまった。

戦争に赴いた方に自由は利かなかったかもしれない。
戦争をせずに過ごせた期間は まだ60年なんですね。
戦争について 色々な解釈があるのは当然なことでしょうが
正当化するのはしてはいけない、と断言したい。
戦争で亡くなられた方々の死をきちんと受け止める意味でも
戦争を美化したりはしてはいけない。

それだけは、白黒つけて考えている。
by f-sekkou | 2005-10-16 16:55 | 世事 | Comments(0)

老いては子に・・

農協の『家の光』大会に顔出ししてきた。

小学校5年生の意見発表で始まったので、それが意外で
いやいや参加していた気持ちが素直になれた。

彼女は、食料自給率が低い日本のくせに
残飯を多く残す世情を憂いていた。情報として知っていたつもりだったから
彼女の口からそれを言われて
あらためて そうだよねって納得した。

どんな時間帯でも開いていて 一通り揃っているコンビニ。
それを維持する裏側では、最初から余る事を見込んで
捨てることを見込んで、仕入れる。
そういうことなんだ。
小学生に教えてもらった。

そこへ足を運んだ以上 即、入手したくって
ないから 数日待ちますっていう体制ではなくって。
そんな私が 大勢いて。

きれいでおいしそうに盛り付けられていた『ごちそう』も
あまって捨てられたら 『残飯』になるって、彼女が表現していた。

彼女に注意を促されて、なんかどこかで ちゃんとしたいって
思いながら帰ってきました。
by f-sekkou | 2005-10-15 11:46 | 日常 | Comments(0)

新婚さんいらっしゃい

ふうっ!
弊社に初めての『新婚さん』。

なんかなー。彼、結婚の前後で
かもし出す雰囲気、違ってきてるんだよ。
へんにシヤワシェそうな顔しているし。
このあいだも スーパーで買い物している彼らに遭遇した。
違和感なく 似合ってる二人なんだなー。

にんげん、年取るってあっけなく くるもんなんだ。
彼ら見てると いつお迎えがきたって不思議じゃない気になるもの。

彼のお嫁さんなんか 私の長女と同じ歳なんだもの。
ハヤスギルダロー!って思いながら
でも彼ら 幸せそうだから「いいんだよ」。

わたしもなー、くすんだお肌はしていても
気持ちはシンコンサンになってみたいよなー。
いまじゃ セイカツシュウカンビョウと戦っている日々なんだよねえ。
具体的すぎて ロマンに欠けるんだよね。
by f-sekkou | 2005-10-14 15:53 | 日常 | Comments(0)

オトナゲナイ

きれいな伊東美咲さんに若い女性が
「オトナゲナイ」って おとなの伊東さんのお肌の美しさを
形容している、あのCM。

自民党内で 政府公認の立候補者に対して勝って衆議院議員となった
人たちへの処罰を決める為の 対立候補者からの聞き取りが始まった。
富山県で比例で上がった、H氏も嬉々として参加している様子を
テレビで拝見した。

これって、「オトナゲナイ」。教育上 よろしくない。
そんな些末なことに時間を割くよりも きちんと本業に勤しむべきです。

こんな自民党は、いずれ大敗するよ。
そのとき 私たちってどんな生活ぶりにまで落ち込んでいるんだろう。

中国から戻られた孤児、既に70歳前後の方々は日本に居なかった
期間、しっかり年金滞納者としての扱いを受け 生活保護など
最低の生活を強いられているから これを何とかして、とお国と
裁判で闘っていると大分前に新聞でみた。この件は どうなったんだろう。
その裁判をおこしたちょうどそのときに 北朝鮮に拉致されていた
蓮池さんたち ほんの一部の人たちが帰国された その大きなニュースに
孤児の人たちの記事がすっ飛んでしまったような印象を受けた。

努めてほしいことが山積しているのだから
議員としての本分に奔走してほしい。
選挙の揚げ足とりなど自分たちの問題にばかりかまけているのは
見苦しい。

これって 本当に「教育上、よろしくない」。
by f-sekkou | 2005-10-13 10:02 | 世事 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧