<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

立山連峰

久しぶりの快晴。

『有頂天ホテル』を観にイオン高岡へ行った折
屋上の駐車場から撮りました。

b0062748_21362020.jpg

b0062748_21363642.jpg


映画の方は 前評判の大きさが私の中でつまずいちゃった感じ。
行きかえり、同じ所で撮りました。

b0062748_2144648.jpg


b0062748_21451260.jpg



ムカシは、『たてやま』と聞いたら 
館山だったのに 今は、立山です。

それにしても スゲエー雄大な景色の中で
富山県人は生活しているものですねえ・・・
by f-sekkou | 2006-01-29 21:54 | 風物詩 | Comments(2)

東野圭吾

『時の人』の本を読むことは あまりしない。
金曜日の夜、仮決算の仕訳が大方すんだから
久しぶりに気持ちがホッとしていた。

退出した時間も8時を回っていたので
軽い疲労感もあった。

そんな気分だったからか 立ち寄った本屋さんに
積み上げられていた『東野圭吾』の本を繰ってみた。
『容疑者Xの献身』、帯封に134回直木賞受賞とある。

「午前七時三十五分、石神はいつものようにアパートを出た。
三月に入ったとはいえ、まだ風はかなり冷たい・・」

すっと読みやすく感じたので購入した。
翌日の昼から読み始めてその晩には読み終えた。

なんだろう、『博士の愛した数式』のように
素数だとか微分積分だとか 数学の語彙が頻繁にでてくる。
思考回路を説明するときは、数式が便利なのかしら。

タテ型のブラインドカーテンのように
記述的な文章が羅列し その文章がたまに風でゆらめくように
解読のヒントとして裏返るんだ。

純文学の本とは違って、文章に美しさはない。
ミステリーってそういうものなのかしら、
書き連ねられる文章は ドラマの台詞のように
何がしかを内に持っていて 解くためのセンテンスの役割をしている。

Tちゃん、読みたかったら「貸してあげる。」
by f-sekkou | 2006-01-29 09:07 | マイブーム | Comments(0)

フィンランドデザイン

昨夜、偶々TVでみました。わずか25分の番組。

フィンランドデザインの良心、デザイン美術館、アルバ・アアルト、
パイミオチェア、カイ・フランクの食器、ボールチェア・・

『フィンランドデザイン』で検索して
見つけたブログ
勝手な紹介だけど
のぞいてみてください。 

まあるい曲線、身体に優しいデザイン、
こころに届くかたち・・
by f-sekkou | 2006-01-28 20:16 | マイブーム | Comments(0)

バットボーイ

24日(火)富山市のオーバードホール
森山未来主演のミュージカル『バットボーイ』を観た。

去年もオーバードホールであったんだけど
その時のチケットは懸賞で当選したもので、娘が観たい~と
熱望したから彼女に進呈した。
彼女は石川県での舞台にも追っかけるようにして
自腹で観にいったりもした。そんなにもおもしろいのなら
やっぱり、私も観たいな。そう思っていたら
今年もやります!とラジオで聞いたから
即、チケットを購入した。

b0062748_11355579.jpg
あらすじは単純明快だったけど
生の舞台、演じる方々、声量、テレビでみるのと若干違って
生の息吹みたいな熱いものが 熱伝導しちゃうんだ。

終わったら皆さん、(あれ なんていうんだろう?)総立ちで
拍手、拍手・・・

舞台の途中で 会場から、それも私のすぐ斜め後方30センチに
未来さんが位置して そこから
舞台に駆けていったりしたものだから
同年齢の息子の母なのに すっかり舞い上がっちゃたんだ。

少人数の舞台だったけど だからかしら
演じる方々の暖かさみたいな、うん、『暖かいもの』を感じた。
by f-sekkou | 2006-01-26 11:47 | マイブーム | Comments(0)

栄転

たいへん×たいへん お世話になっている、
信用組合さんの次長さんが支店長さんになって
他の支店に行かれる。
年功序列ではなく、まだとてもお若いのに
もう支店長さんになられる。

資金繰り表を作成しても
こうしたら、もっと楽になるんじゃない?と
改めて提示してくだされる。
こちら側に立って考えて下されるから
しみじみ ありがたいと思っていた。

いつも思うが、行員さんの移動は
ただ、人が変わるだけ。ではすまされない。
また一からうちの内容や内情を説明しなくっちゃいけないのか・・
と、面倒におもう。

うちを喫茶店にしているような方も
たまにはいらっしゃる、事実だ。

まじめで、機敏で、回転の速い行員さんにあたりますよーーにっ・・
成績のよくない客は、よく文句言う客だ・・ ・・・  ・・・・・・
by f-sekkou | 2006-01-25 16:10 | お仕事 | Comments(0)

やっぱりライブドアショック

実態がない会社だったんですね、と批判されている。
でもヤフーにしても楽天にしても そんなものじゃないのかしら。
法令以前のことをして、倫理を問われている。
そう理解していいのかしら。

堀江さんが「ボクは悪いことはしていない」そう言っていることも
そうだろう、とわかる気がする。

性急すぎたのか、でも彼の早熟さからしたら
そのテンポは普通だったんだろう。
日本ではなく、アメリカ辺りで起業していたら
また別の堀江さんが存在したのかしら。

ゲーム感覚、と言ったら失礼だろう。
でも彼の必死な生き方には やっぱり脱帽する。
昨夜、彼は逮捕された。彼のプライドはどうなるんだろう。

私よりずっと遅くに生まれて、誰よりも疾走した人。

問われても やっぱり、どこかで声援をおくりたい。
by f-sekkou | 2006-01-24 09:09 | 世事 | Comments(1)

石屋のあかり

b0062748_19264071.jpgb0062748_19271082.jpg


サビ御影石のあかり・・川石のあかり・・・御影石のあかり・・・・

室内に置いてある。日中でも薄暗いから 電気をつけて
そのあかりを楽しんでいる。
15,000~30,000~最高、50,000円はしてしまう。

雪が融けて足場がよくなったら、どなたか覗きにいらして下さいませ・・
by f-sekkou | 2006-01-23 19:36 | お仕事 | Comments(0)

広瀬舘公民館祭

講演は福原 俊郎先生だった。

インドに行かれたときのその様子を写真と共にお話して下された。
インドは、
 日本の9倍の国土、9倍の人口、少子化の日本とは桁違いに
 毎年2000万人の人口増加、そして言語はなんと16種類!
 同じ国にあって 方言などというなまやさしいものではなく
 言語が違う!ことに「へえ~」驚きました。

 現物のお札を会場の我々にまわしながら見せてくれました。
 お財布をもたないインドの方は10枚一束にお札をホチキスかなにかで
 止めては外しして使用するものだから 穴だらけです。
 
 あの美しいタージマハールの写真もスライドで見せてくれました。
 亡くなった愛妻のためにお金と月日をかけて作った建物のおはなし。

 左手は不浄の手、ということで その手を使いながら用をたすという話。

 うーーんっ、にしてもインドはすばらしい。
 豊富な人材を資源として、毎年200万人の学士・30万人の修士
 20万人のエンジニア・9000人の博士を輩出しているのだという。
 ITの先進国であるインドの基盤は やはり教育水準の高い大勢の人々なんだなあ。

 福原先生のおはなしを初めてお聞きした。暖かそうな人柄を感じつつ
実のなるほど頭を垂れる<教養>を感じた。よいお話を聞いた日は
背筋がピンとして、いい気持ちになる。
by f-sekkou | 2006-01-22 20:11 | 日常 | Comments(0)

広瀬舘公民館祭

保育園さんや老人会の方の誠実なお歌や踊り、
食生活改善推進員会さんらによるたっぷりの豚汁、
地元の酒蔵 成政「しぼりたて」、手芸作品、生け花、絵画・・・

デジカメを持っていきましたが 『バッテリー切れ』の表示に拍子抜けでした。

会場設営や後片付けのお手伝いをさせて頂きながら
地域の方たちのまじめさ、穏やかさに
心が洗われるようでした。このようにたくさんの方々の手で
この行事が運営されていたのだと 体験をさせて頂く事で身にしみました。

ライブドアへの私の感想に対し
地道に歩むことがすべてだ、言い切ったご意見が
なんとはなしにしみてきました。
まじめに事を成す。

目立ちはしませんが、美しいことだとおもいました。

在所の祭に参加して、在所の良さを味わった一日でした。
by f-sekkou | 2006-01-22 19:43 | 日常 | Comments(0)

プール!

久しぶりに行った。
桜ケ池クアガーデン
みっともないなあっていうくらい
リングネームは?って自問したいくらい
まあ、みっともないの。わたしの水着姿・・・

なるべく自分を見ないようにしながら
気持ち、こそこそ徘徊しながら 
プールの中を歩いていました。

それでもねえ、やっぱり プールはねえ~
「気持ちいいっ」わあーー

プールの後のお風呂も 温泉だから
贅沢ですねえ。絶対、地方って「贅沢!」です。

金子光晴のエッセイにも書かれていた、
『東京もひとつの地方です・・』でも
東京には地方、という感覚はないだろう。
日本の中枢、という意識だと思う。
まあ あまり関係ないけど『田舎に泊まろう!』っていう番組、
あれは絶対 東京生まれ東京育ちの人間が考えた番組だっておもってる。
ぺらぺらの薄ーい、驕りをかんじるんだ。

まっ、いいか。とまれ
近くに何箇所も温泉がある所に住んでいることに
感謝しよう。
by f-sekkou | 2006-01-21 19:49 | マイブーム | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧