<   2007年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ことだま

昨夜は夫が不在だったので 義母とふたりで
夕飯を頂いた。NHKの7時のニュースを見ながら聞きながらの
毎夜の食事風景だが 能登半島地震を報道する場面では
やはり 顔はテレビ画面に向いてしまう。

これまでの地震による被災者同様 大変さを強いられている様子だ。

こわいのは 阪神大震災以来 被災者を映す画面にも驚かなくなっている、
と言っていいのか もちろん語弊も失礼もあるが 
被災することが 日常的である、といったらよいのか
ともかく 特別な事柄ではないと認識してしまっているむきがある。

身体に感じる揺れも 毎日一、二度はある。
近所のハンザイサ(この辺は 苗字でなく屋号でお互いを言い合うから)の
おばさんが 地震当日たまたま家にひとりでいたのも災いし
地震の揺れに動揺したのだろう、お嫁さんの勤め先に電話をかけながらも
「ネエネエ」しか口から出ず びっくりしたお嫁さんは飛んで家に戻ったと聞いた。

その「ネエネエ」が 呼びかけの「ねえ、ねえ」なのか
姉さん(ねえさん)の意味での「ねえねえ」なのか
義母から間接的にその話を聞いた私には定かではない。

が おばさんも年をとったんだ、そう思った。

そんな話に始まって このあいだのイザライ(エザライ?用水路に溜まった
汚泥を取り除く作業)のことなど とるにたらない話を
義母とふたりで喋っていた。

その流れに乗って ついよそさまの悪口を わたしの口からはじまって
延々 ああだこうだと言い合うようになった。

どうして悪口って こうもなめらかに泉のように途切れることなく
出てくるんだろう、間には お互いヒトのことも言ってられないんだけどネ、
自己反省にも軽く触れながらではあるが そうしてひと盛りした後
なんだろう 気持ちはあんまり良いものでもない。

言葉は 言霊(ことだま)だといわれるとおり
きたない言葉をまき散らかせば そのきたなさに自分が染まり
逆に 花などをめでて、きれいだわーと言えば
気持ちも清々しさに包まれる。

神妙なことを申せば 
昨夜は 薄汚いコトダマを寝巻きにして床についた。

だからだと思う。今朝、身支度をする段になって 口紅とパフの入ったポーチが
どうにも見つからず 無駄に時間を費やしてしまったのだ。
by f-sekkou | 2007-03-30 14:04 | ひとりごつ | Comments(0)

諸感情

朝一で 年間管理業務の書類、写真帳であるとか
作業旬報であるとか 実施工程表であるとかを 息をはずませながら
提出に上がった。相手は お上(おかみ)であるから
行った、ではなく 上がったである。

それも 息をハ~ハ~いわせながらである。
日頃の運動不足に 自前の心臓もついていけなかったことに加え
3月という年度末だからである。

書類を出して 完成検査の日取りを決めてもらわないと
銭=マネーにならないのだ。自動引き落としに追い立てられながらの
毎日であるから 一刻の猶予もない話なのである。

この感覚が 公務員にはない、nothingの感覚だろうなあ。

まあ これも零細な商売に関わっているからこそ、ワカル!
I do understand it !
(あやしげな 英語である・・)・・・
by f-sekkou | 2007-03-29 12:33 | お仕事 | Comments(2)

誕生日

長女の誕生日である。もう何年も子どもたちとは
直接 お誕生の御祝いをしてあげていない。離れて住んでいるものだから
ケーキも冷凍状態で宅配の手配をするだけだ。

メールという便利なものを使って メッセージだけは送れる。

長男には バースデーのほかに
バレンタインデーのチョコも加わるが、これって
周囲からは 特に息子の彼女からみたら
気持ちわるうー、なのかな。それを想像しながら
意地悪な姑気分も加味して 送っているきらいもあるけど。

「お誕生日 おめでとう」
大事な日であることには ずっと変わらない。
by f-sekkou | 2007-03-28 11:52 | 日常 | Comments(0)

余震

能登半島地震発生から二日経つが 余震というものに
結構 おびえている。 当日の夕方6時頃の
最初の余震、南砺地方は震度3だったと聞いたが
じわじわっとくる振動に こわい、確かにこわいと思った。

枕元に とりあえず
靴と車の鍵と懐中電灯を置いて寝ている。

地震のその日も工場にきて 簡単な書類の整理をしていた。
そのときは 気がつかなかったが
事務所にある高さ30センチほどのお地蔵様の身体の向きが
蓮の台から 微妙にずれていたし
見本に立てかけてある板石の配列も ぐらぐらとしている。

棚に置いた 墓石のミニチュアも 竿石がやはり ずれていた。

地震で揺れながら 位置をずらした様をおもうと
昔 子どもの頃にみた映画『タイタニック』の場面が重なった。

乗船客は誰もまだ気がつかず それぞれ談笑をしている。
が ひとりの酔っ払いが落とした小瓶だったかが
斜めに床を転がっていく そのシーンが
とてもこわく感じた。船が静かに だが確実に
船尾を落として沈没していることを示していたから。

これまでも他の地震のニュースで 子どもさんが地震をこわがって
泣いていたり 余震がこわいと皆が言っているのを聞いてはいたが
正直 そういうことをテレビを通して、ニュースとして
そうなのかと思うだけで 実感がなかった。今は 同感である。

実際 余震がおこると本当にこわい。

が とにかく能登の方々にはお気の毒だが
自分の生活を守りたい、これ以上の地震が起こらないように
そう念じながら 仕事をしている。
by f-sekkou | 2007-03-27 10:12 | 日常 | Comments(0)

地震発生

9:30から 桂三枝さんの『新婚さん いらっしゃい』をみていた。
朝飯はすんでいたが 洗顔も着替えもまだだった。
夫は パンツ一丁である。そこに
地震!だ。

子どもの頃から 小さな地震には慣れていた。
が そんなものどころじゃない、時間にしたら
長くはなかったのだろうが 揺れの迫力に
とうとう 来たか、観念するような しかし恐怖を感じた。

電気ストーブのスイッチを切り
台所のガス栓の元を切り 間に義母にもしがみついた。

それから とにかく下着を身に着けねばとおもい
(ずっと前に流行った 寝るときにパンツをはかない健康法、
それが楽で 風呂からあがるとそのままパジャマを着ているから)

靴下をはき 顔を洗い、化粧はどうしようか
しばらく 体育館に避難するのなら 化粧はしないほうがよいのか?
些末なことがまず 浮かぶ。

それでも簡便に荷物をまとめた。

財布、銀行印、犬たちのペットフード、キテイちゃんのおしっこシート、
二匹分の散歩用綱、これで当座は安心だ。

義母から 「人間の食べ物の用意はないのかい?!」
言われて おっ!納得をしたあんばいだった。

震源もとの石川県の能登では 道が寸断されたり 
建物が倒壊したりと 時間がたつと共に 
被害状況が明らかになっていく。こちらもまだまだ不安はあるが

とにかく くわばらくわばら、である。

普通のデンワも携帯も なかなか通じない中を
親戚の方々や 我が子や姪っ子からも安否を気遣う
電話をしていただいた。

「どうも ありがとうございます。大丈夫です。」
by f-sekkou | 2007-03-25 14:32 | 日常 | Comments(0)

ふたり

先刻 新婚旅行から戻ったお二人が
みやげをたずさえて 挨拶にみえた。
お嫁さんは 早朝から支度をしたという
淡い色合いの着物が よくお似合いだった。

今日は一日かけて 親戚行脚だという。

ケーキ入刀よりも やっぱり こちらが
ご夫婦初めての共同作業というものだろう。

迎えた夫もわたしも 若いお二人に
妙に感動をしてしまった。 コーヒーがよい?、それともお茶?
そう 言いだしっぺに尋ねると
彼女は てらいもなく「お茶がいいです」と答えた。

彼のどこにそんなに魅かれたの?そう図々しく聞いても
「全部が好きです。」彼とは何を話していても 楽しい、素直に
快活にお話をして下されるお嫁さんに
わたしたちの方が うれしくなってしまい 初めての会話なのに
とても気さくで とうに親しい間柄のように感じた。

出掛けに 一緒に写真を撮りましょう、そう言われて
なお うれしくなり 若い二人をはさんで
中年太りの我々は きっとにやけて写っていることだろう。

なんとはなしに 里の父親を思い出した。

帰宅をしての第一声は、「ただいまあ」ではなく 
「○○子はあ?」母の所在を尋ねるのだが
子供心にも 父は母が好きなんだなあと思ったものだ。

そうして少し 亡くなった義父にとっての
息子の嫁である自分を省りみた。
by f-sekkou | 2007-03-24 17:20 | 日常 | Comments(0)

味覚

昨夜は 夫の甥っ子を囲んで夕食をとった。
テーブルに グリルパンを置き
里から送られていた 豚肉をしょうが焼きにし
ざく切りしたキャベツを さっと湯がいてレモン醤油をかける。

おおげさなご馳走など なかったのに
帰省中の娘もまじえた夕飯は とてもおいしいものだった。

彼や彼女が ひと花加わっただけで
こうも 華やぎに満ちるものか?解せないほどだ。

昼間も 夫と娘と3人で
いつもの『じゅうじゅう』さんでラーメンをいただいた。
仕事の合間に お昼だけ一緒に過ごしただけだったが
やっぱり 格段においしく感じた。

最初 彼女は おなかが減ってないからと
おかずだけ 青椒肉絲(チンジャオロース)を一皿お願いした。
そのおいしさに おなかの方が刺激されたのか
ごはんを少しください、追加注文をした。

半ライスですね?お店の奥さんに促されて
返事をしたら 小さなおわんに ごはんが山盛りと
わかめスープ(韓国のドラマによく出てくるスープだ!)、おしんこと
セットで運ばれてきた。

おいしーわ~ 娘がうれしそうに食事する横にいて
たぶん 夫もいつも以上に おいしいなーと思っていただろう。 

どういうしくみになっているんだろう。
一緒に食事をする相手によってでも 味覚は変わるんだろうか?
by f-sekkou | 2007-03-22 09:58 | 日常 | Comments(0)

改心

韓国ものにつかりすぎていたら
すっかり 浮世離れしてしまったようだ。思考と動作が
うまくかみあっていない。

きしませながらでも ネジをしめ直さねばいかん。

朝から 掃除も二の次にして
とにかく ゴムシートのカッテイング作業に追い立てられ
間には 20日なので支払いもし 今日にかぎって
デンワだ来客だ クレーン検査だと夕刻まで 小走りがつづき

これが 平生(へいぜい)というものなんだろうが
お客様への応対をとおして リハビリをし
段々と 自分を組み立てなおしていくような一日だった。

・・昨夜 免許の書き換えのために 下の娘が帰省した。
なだれ込むように 犬たちが彼女を襲う
b0062748_17511422.jpg


で 今日の午後
3月生まれの父と娘は なかよく免許更新にでかけた。

父、石屋の社長の不在により 隔年のクレーン検査にも
ヘルメットをかぶって 立ち会った。
なんか 検査そのものよりも お話がとても長く感じたナ。

b0062748_1834642.jpg

b0062748_1835996.jpg

b0062748_1841475.jpg


月例点検の記録を怠ったものだから
その記入の仕方など あらためて 教わったりして
あーだこーだのお話が やっぱり少し長く感じたナ。

・・これもまあ 現実へのひとつのステップだから
アタマ 切り替えて まじめにやろー・・・
by f-sekkou | 2007-03-20 18:15 | お仕事 | Comments(0)

おたけび

チャングムに傾倒していたら つい現代版を忘れかけていた。

ロッテホテルに宿泊していたときも 
TVの恋愛ドラマを観ていた。日本語の字幕なぞ勿論ないから
何をしゃべっているのかわからない。

お笑い番組もその調子で 観ていた。
わからないのに おもしろい。
表情やしぐさに違和感がないせいなのか
言葉はわからないくせに 気持ちがわかる、
っていえばよいのか・・自信はないのだが。

で こちらに戻ってから
第二次韓流ブームが わたしの中でおこっている。

B賞の旅行は散々で かえって老親を疲れさせてしまい
我を通しすぎたような気詰まりが 実際まだある。でも
よそさまの言葉の受け売りだが
意味のないことなど この世にはない、
そうやって 自分を慰めたりしている。

今回の旅は いまいちだった。が だからこそ
これから 何度でも納得のいくまで
大韓民国、韓国に行ってみよう!そう思いなおしたのだ。

で、思い込みで見もしなかったチャ テヒョンの
『僕の、世界の中心は、君だ。』のDVDを借りてきた。

片山恭一の『世界の中心で、愛を叫ぶ』のまねごとのように思え
遠慮していた作品なのだが 今日実際見てみたら
違う。こちらはこちらで 別物で、やっぱり韓国の映画はおもしろい!

日本の片隅で、韓国う!と叫ぶ・・おたけびは
雄叫びと書くけど アタシだから雌叫び、めたけび?
by f-sekkou | 2007-03-17 20:37 | ひとりごつ | Comments(0)

稲田石⑩

塔婆にゴムシートを貼り
南無阿弥陀佛と刻む。
b0062748_199375.jpg

文字は今回 お客様がご持参されたものを使っている。

お客様からのご要望で 急きょ
塔婆を下の石にはめこむようにしたい、といわれ
塔婆の石のはめこむ箇所だけを残し 切断加工しなおした。
おへそのように 下部が出っ張っている。
b0062748_19114914.jpg


その出っ張り、お墓の中にはいってしまう部分に
佛心と 文字を刻んでほしいと言われたので カッテイングした。
b0062748_19131050.jpg


建てるのは 4月に入ってからとのお約束なので
しばし 塔婆石は工場に居留である。
by f-sekkou | 2007-03-15 19:16 | お仕事 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧