<   2007年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

疲れ違い

昨日の『南砺の山々を守ろう』での
慰労会疲れと
ヒトナカ疲れ、もちろん上は夫で下は私の
疲れだ。疲れの種類がちがう。

今日は義母がお出かけの日、結婚式に。
b0062748_21553816.jpg

b0062748_21555815.jpg

義母のお里のアンちゃん(跡取りの長男さん)と パチリ。
b0062748_21561292.jpg


午後から 夫と犬たちと利賀(とが)のお山まで
身体を慣らすように ゆっくりと出かけてきました。

利賀は 真冬に蕎麦祭りが行われるところなので
蕎麦をいただきに行きました。
b0062748_2231864.jpg

注文したお蕎麦を待つ間
戸を開け放した縁側に置かれた卓に席をとり その眼前の景色です。

b0062748_224316.jpg

b0062748_2244662.jpg


このお蕎麦屋さんのソバにあったお寺さん。雰囲気にひかれて・・
b0062748_2262296.jpg

b0062748_2263818.jpg

b0062748_2265343.jpg

b0062748_227952.jpg

b0062748_2272464.jpg


下から眺めた様子が むかしTVでよく見ていた
『アルプスの少女ハイジ』の一場面と似ていた。
枝と枝からこぼれる陽光
b0062748_22104359.jpg


さっき入ったお蕎麦屋さんの縁側から眺めていた
向かいのお蕎麦屋さんに 今度はかけそばを頂きに、
はしごしました。店内です。
b0062748_22125448.jpg

b0062748_22131048.jpg

b0062748_22132450.jpg


もう 帰ろう。
お山に流れる川の美しさよ・・
b0062748_22142353.jpg


コトバを用いるから
ヒトは上等なんだって 教わった気がする。だけど
わたしに限っていえば
犬たちといるときに
犬の名前を呼ぶ以外に コトバはいらないな。

お山をめぐるときにもコトバはいらない
気持ちをほぐしながら 娑婆にもどりました。
by f-sekkou | 2007-04-30 22:29 | 日常 | Comments(0)

南砺の山々を守ろう 

4月29日快晴 富山県南砺市、旧 井波
瑞泉寺を崇める門前町・欄間などの彫刻で有名な井波(いなみ)の
閑乗寺(かんじょうじ)公園にての『南砺の山々を守ろう』植樹際。

詳細は㈲新樹造園さんのHPをごらんください。

b0062748_2103158.jpg

b0062748_2111321.jpg

b0062748_2114729.jpg

b0062748_21295.jpg

b0062748_2122494.jpg

b0062748_2123939.jpg

b0062748_2125381.jpg

b0062748_2131065.jpg


あれっ、知り合いの御夫婦の後姿が・・
b0062748_214048.jpg

b0062748_2141833.jpg

b0062748_2143285.jpg

b0062748_2144951.jpg

b0062748_215630.jpg

by f-sekkou | 2007-04-30 21:06 | 世事 | Comments(0)

南砺の山々を守ろう

明日の植樹祭にむけて 朝もふつうに8時までには来いよ、
言われて10分ぐらいは遅刻して 事務所についた。9時までに
会場に顔出ししないといけないのに もたもた・・
文章を打つのに時間をかけていた。

ワードとかエクセルなら 行間も文頭の高さも
調節なしでそろうのだが
筆文字とかが入っている『文字書きくん』のソフトは
数字をいれながら 文字の大きさ、横並び等を揃える必要があって
「めんどー」なのだ。

今年の植樹会場にあたる
旧井波のお山の 閑乗寺(かんじょうじ)公園へは
社長とふたりして遅刻だった。

地元の老若男男の造園業者さんたちに混ざって
老若の女は二人いた。アタシとS造園さんのヤマちゃんである。

久しぶりに 気持ちのいいオンナだっ、わが身がことさら
軟弱ゆえに 感情は倍加する。
ビニール縄を縛る手際のよさに 食べっぷりに

(昼は カレーを頂いた。ご飯がテンコモリだったので
ヤセルベシと健康診断の沙汰があったアタシは
行儀悪くも 白飯を大半残したのだ。がしかし
ヤマちゃんは 活発にうまそうにカレーを二杯食べた)

食うやつは働ける、言い伝えの通りではないか!

ヒトナカにいたことで気疲れしたアタシに反して
彼女は いける!デキル!ヤマちゃんに感動したことを
今日の反省としよう。
by f-sekkou | 2007-04-28 16:40 | お仕事 | Comments(0)

浮遊

アナイイシイシイイナアさんは 最近とんとブログを更新していない。
『ごはんのおかずに花崗岩』というブログも無くなってしまったし 
わたしが興味を持つと いなくなっちゃうのは
「どーして?」・・

ブログって 宇宙を漂うチリアクタのようだ。
そう言ったら 叱られるかな
tafoniさんは どこへ行ってしまったのか
嫁にでも行く算段なのか?
(だとしたら 忙しいからブログなんぞにかまってられないな)

わたしのこの頁も いつか音沙汰なく途切れるんだろう。
by f-sekkou | 2007-04-27 17:38 | ひとりごつ | Comments(0)

墓石

今日 建てさせて頂いたお墓

この辺りでは めずらしい洋墓。
文字も 南無阿弥陀佛ではなく
b0062748_18215023.jpg


磨きなおした お墓。
いまばやりの リフォーム(リユース?)
b0062748_1824393.jpg

by f-sekkou | 2007-04-26 18:25 | お仕事 | Comments(0)

まあ いいか

甥っ子のフーちゃんと 彼の友人だという
行政書士の男の子が
(30前後の方に対して 失礼な表現だな、ごめんなさい)
昨日いらした。 

HPを作製するのが本業らしく
弊社のHPを一瞥し
集客にはなっていませんね、
お告げのように判断された。

集客 しゅうきゃく・・脂肪で分厚くなった腹(胸じゃなく)にこだまする・・

しばらく ひとりよがりの文章をつづる作業は休止だな、
そんな気分を昼休みに吐露したら
社長から どんなものでも芽を摘み取っちゃいかん。
草の芽かもしれんが 続けるこっちゃ・・

主観は ときに自分を追いつめ
客観は ときに自分を救う、の典型だ。

まあ いいか
文章は 続けよう。
by f-sekkou | 2007-04-26 15:56 | 日常 | Comments(0)

ねこ

今朝 工場の前の県道に
いつごろひかれてしまったのか 成猫が死んでいた。

近くの家に 心あたりはないか尋ねてはみたが
知らないというので 役場に電話をして引き取ってもらった。

小学校の5年か6年のとき 三毛の猫をもらい受けたことがある。

生まれたばかりの子猫ならともかく なぜか
成猫だった。はじめて家にやってきた晩に 彼女は畳の上に大便をした。
それは子供心にも
よそに貰われた彼女の 抵抗のように感じた。

見た目にも かわいくもきれいでもなかった その猫が
一緒にいるうちに しだいしだい
とても上品な性格であり 良い猫であると思え始めた。実際
穏やかな性格の猫だった。

しばらくして お産をし
一匹のオス猫を産んだので 猫は二匹になった。またしばらくして
今度は 毛並みもボロボロのよれよれの迷い子猫がやってきて
3匹を飼うことになった。

三匹目の猫は 遠慮がちで
我が物顔の二匹目の猫とは 対照的だったが
母猫は 我が子にも迷い猫にも平等に優しく接し
ソファで仲良く 丸くなっていた。

高校生のとき その母猫が
家の前の県道で 車にひかれて死んでしまった。

母から なきがらをそっと畑に埋めたと聞いた。
わたしは学校にいた時間だったから
最後を見ていない。

今朝 死んで硬直した猫を
道路からよかすとき
新聞紙でくるむようにして抱きかかえたのだが その重みが
感覚として今も残っている。

だからだろう
昔 飼っていた母猫を思い出した。
by f-sekkou | 2007-04-24 17:22 | 日常 | Comments(0)

確認

墓石のお客様が 夕刻
文字の配置の確認にいらした。

b0062748_17452021.jpg


ピンボケした写りですみません。
by f-sekkou | 2007-04-23 17:46 | お仕事 | Comments(0)

お礼

拝啓 義兄さま 

米屋(よねや)の栗むしようかん ほんとうに旨いです。
b0062748_15133639.jpg


半分に切っては 丸かじりです。
だから あんなにたくさん頂戴したのに
アッというまに 腹の中・・
(でも おおせの通り 義姉宅の分はおすそ分けしたから安心してね)

「ごちそうさまです」
by f-sekkou | 2007-04-23 15:17 | 日常 | Comments(0)

懸賞

あんまり当らないけど 日々コツコツと
毎日 1個は 懸賞に応募している。年賀葉書が まだ余っているので
そのあたり 余裕なんだ。

今年ゲットしたものは キリンビールの新商品、
『キリン ザ ゴールド』3缶と 発売前の缶入りお茶30本と
菓子工房『ボヌール』さんの
b0062748_10223716.jpg

スノーボールと題したお菓子12個入り。

貧すれば鈍す、の典型だなあ。

この『ボヌール』さんは 南砺市の
旧 井口村の見渡せば田圃 という場所に
どうしてここなの?という所にあった。

商品との引換券を握り締めながら
昨日の夕方 お店を探していたのだ。

若いお嬢さんが たぶんおひとりで
切り盛りなされているのだ、そんな印象をうけた。

だからというわけで
どなたか このお店を探しながら
ケーキを求めに行ってくださいね。

探訪という言葉にピッタリなのですから。
by f-sekkou | 2007-04-23 10:34 | マイブーム | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧