<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1/2の反省

雑種のゴンちゃんと
ちわわのキティが
こころの友だちだぁっておもう

中高年齢のアタシは さびしいヒト
かもしれんなぁ
(最近は 富山弁でつぶやくのよ)

参議院選挙中といえども
ワールドカップのサッカー大会が
夜な夜な実況中継されていても
胸おどる気分にもならず

ましてや普天間問題など
こころにも留置かず
6/23の慰霊の日も忘却したように
見ぬふりで やり過ごす

アタシの感性は
(感性と呼べる代物でもないけど)
すっかり 呆(ほう)けているんだ
認知症なんだ

これが アタシの
一年の半分を過ごした反省なの
by f-sekkou | 2010-06-30 18:42 | ひとりごつ | Comments(0)

施工前施工後

お墓のクリーニングの
施工前
施工前施工後_b0062748_11562668.jpg

施工後
施工前施工後_b0062748_11571522.jpg


納骨部に蜂が巣を作っていて
ハチミツでドロドロだったのも
施工前
施工前施工後_b0062748_11585216.jpg

取り除いて 寒水(かんすい)を敷きました
寒天じゃなくって
寒水(かんすい)、粉々の大理石のことです
で 施工後
施工前施工後_b0062748_1213932.jpg


空気の出入り口を付けることで
納骨部の中の湿り気を失くします

空気が外へ出られないままだと
寒暖の差によって空気も水となり 
結露してしまうから
施工前施工後_b0062748_1272516.jpg


で 今回のお仕事は終了です
by f-sekkou | 2010-06-30 12:13 | お商売 | Comments(0)

竹炭

『南砺の山々を守ろう』の会長さんが
先刻 久しぶりにいらして
おみやげを下さった

竹炭_b0062748_1633762.jpg


左側の竹は 写真をとる際に
実は落として先端をくだいてしまった
欲の深いバァサンは 
いつもこうしてしくじるのだが

黒くすすけた竹の雰囲気
少しだけでも伝わるだろうか

会長さんは LEDライトを中にしのばせて
竹取物語をイメージできないかと
試行錯誤の途中らしい

午前中感じていた身体の痛みも
この竹を鑑賞する夕方には忘れていた

日曜日に参加した
在所の運動会にともなう痛みも
あいだを置いて 火曜日に発生するのだから
やはりバァサンだ

その運動会も
世話役をのぞいたら 一般の参加が少なくて
アタシみたいなもんでも
アタマカズにはなったかな

すくない競技のおおかたに参加して
すこしは お手伝いができたかもしれない
そう ひとり合点で
参加賞のアイスクリームをなめなめ
帰路についたのだが

たまたま出来た休日のおかげとはいえ
地区には やはりもっと
積極的に関わらないと

あかんな・・
by f-sekkou | 2010-06-29 18:08 | 日常 | Comments(0)

ハイエナになる

自称かよわい子羊だと思っていたのに

鏡に映っているオノレは
猫背ぎみのハイエナ
それも小太りのハイエナだった

市価より割安に
お皿が買えるかもしれないし
目の保養にもなるんじゃないかしら
そう算段すること自体
確かにハイエナなのに

欲に こころが集中しているときは
かえりみることも忘れている
かたむいたホテルに
お皿をもとめに行ったのだ

かたむいたホテルには
清算のために 
まだ従業員さんたちがいて

受付のカウンター越しに
「ごめんくださぁい」と
声をかけたアタシのことを

アンタは誰?
何をしに入ってきたの?
あからさまに問われてしまった

ハイエナにとっては意外な出迎えだったので
ブツブツつぶやくように
アタシはこういうもので
こういうことをよそで聞いたものだから
アタシもそういうふうに買いたくって来たんです

場違いであることを
突きつけられて尚 相手に向かっていく
ハイエナだ

(内心 ひさしぶりのドギマギで
怖かった)

現実のハイエナは 生きるために
獲物をいただくので
とがめられる筋合いのものではない

けれど このハイエナは 
物欲のためだけに
かすめとろうとしているのだから

ハイエナの名を借りるのも
実際 おこがましい

それでも グラス、豆皿、中皿に
一輪ざし、灰皿云々
40㌢×60㌢のトレイに

隙間なくのせて
トレイごと
¥1,000ですと
言われたときは 拍子抜けした

たくさんのお皿を目にしたときについ
「値段が 貼ってない」
そう こぼしたら

間髪いれず 応対の女史は
「値段じゃないんです!
いくらなら買います
この値段なら買いません
そんなことじゃぁないんです!」

叱責を込めた言い方を耳にして
はじめて
アタシは失礼なことをしに来たんだと
納得した

だからよけい 帰り際に
「千円です」といわれて
自分は 正真正銘

ハイエナ(自然界のハイエナではなく)
超ハイエナなんだと気づいたんだ
by f-sekkou | 2010-06-18 18:19 | ひとりごつ | Comments(0)

シェア

夕べも(TVで)池上彰氏は 
いいこと言ってたなぁ

オランダの働き方を 日本でも
日本風に倣えばいいじゃないかって
リストラをせずに仕事を分け合う
ワークシェアリングで

不況と戦おうって

規模は だいぶん違うけど
石工も仕事の受注に八苦八苦している

でも かんたんに
ヒトを首にせず 仕事もお金も
シェアして 腕を組んで日々励もう
周囲の意見も聞かずに

そんな気分になったんだ

シンムスにバイトしてもらうのも
ひとつのワークシェアリングだって
考えると
そうだそうだとうなづける

アタシは ひとつのことに合点すると
それを言わないではいられない質なものだから
今朝 シンムスに会ってすぐ
昨日 TVみたぁ?
イケガミアキラ氏がねぇと

訴えるように喋ってしまう
も少し シェル(貝)になってもいいよね・・
by f-sekkou | 2010-06-17 17:03 | お仕事 | Comments(0)

バトン

仮に 55歳で定年であれば
あと3年か、そうおもうと納得もできる

仕事を辞するということを
わが身に置き換えてみたことは
ぼんやりとも思ったことがなかったので

ここにきて急に
現実味をおびてきた格好だ

最初は ウソ~?!マジィ?
若者言葉で うろたえもしたけど
おちついて考えてみれば

道理であるなと
やけにストンと腑に落ちた

シンムスは 他にバイトが見つかるまでの
小遣い稼ぎほどにおもって
ここ連日 弊社に通っているようだが

結構こちらは本気モードで
小さなことからコツコツと
バトンをわたしている

積もり積もればなんとやらで
かたちになっていくと踏んでもいる
わずかな数量のひきつぎではあるけど

渡せることがうれしいだなんて
予想外な感情だった

6.15付朝日新聞(富山)文化欄には
80を迎える 千田佳代氏の
『猫ヲ祭ル』が紹介されていて

年をとることに
おもしろみにも似た
勇気を感じ うれしいなぁと思った

うつろう感情も気概も
青春期だけのものではなく
いつでも ここにあって
これからという気持ちが
わたしを助けてくれる
by f-sekkou | 2010-06-16 16:35 | お仕事 | Comments(0)

二日目

バイトで来てもらって
今日は 二日目

石な(いしな)に囲まれた中
二日目_b0062748_17435055.jpg

彼女は 誰かと無駄口を交わすでもなく
黙々と 
万年筆のようなカッティングナイフで

ゴムに貼った文字を
切り口が垂直になるように
文字が描く線を踏み外さぬように
切り取っていく

単調だが単純でもない作業であり
見た目よりも結構 
しんどい作業である

彼女は まじめに取り組んでいる
by f-sekkou | 2010-06-14 17:50 | お仕事 | Comments(0)

遭遇

カモシカにとっても
アタシにとっても
たまたま 会ったんだから

そしてカモシカにとったら
アタシになんか
会いたくなかっただろうから
やっぱり これは

遭遇だ

運転するアタシの車を
ふりかえり
100メーターほど前方で
じっと凝視していた

おおきな身体のかたまりにしたら
不似合いなくらいの細面で
不遜なものをにらむような視線を

確かに感じたから
車の走行をおもわず止めて
相手が
カモシカが先に逃げてくれることを願った

その間が あんまり長くかんじたものだから
逆に 突進してくるんじゃないか?
怖さも感じていたときだ
全身黒づくめのライダーが
カモシカに気をとめるでもなく

向こうから
あたりまえに走って 去っていった
そのバイクのエンジン音で
カモシカも 道をゆずるように
山へと入ってくれたのだが

たぶん バイクでツウリングする人にとっても
カモシカにとっても
山での出会い頭は
珍しいことではないのかもしれない

だって 彼らは互いに
堂々としていたもの

舗装道路一本が
ヒトの道で
一本をぐるりとかかえる
ふところの山の方が親分だ

その親分側にカモシカは住んでいる

せめて ひと月前に来たかった
五箇山(ごかやま)の平村(たいらむら)の
スキー場は 
雪がなければ
ただの急斜面の山である

雪解けの清涼な水が
どこからともなく流れてきて
名前の知らない
花や草をそだててくれる

ヒトも訪れない
雪のない平(たいら)スキー場が
アタシは好きで

好きな時期をはずしてしまったけど
やっぱり来たくなってひとりで
やってきた そしてその途中で
カモシカに会ったのだった

山道をちょっとずれて
冒険するような道を選んで下り
落ちたガレキを踏みながら
多少の心細さもかかえつつ

やっと里までおりたとき
カモシカと そう距離をおかない
人里というものを実感した

これなら クマにも出会うはずである
by f-sekkou | 2010-06-13 14:20 | ひとりごつ | Comments(0)

厄日

信心のない生活を送っているくせに
たてつづけに不運にあうと
今日は 厄日か?とおもう

厄があるなら ごりやくも欲しいと思うのだが

今朝は まだモウロウとしている時分
5時前のことだった
寝ていただけなのに 横からいきなり
太いヒジテツをくらった

夫が ちわわのキティを伴なって
階下から2階へ上がってきたのは見届けていた
こんなに早朝から 散歩をしてきたのかしら
うつらうつらしつつ
マナコを閉じようとした時だ

太いヒジテツ、痛いヒジテツにみまわれた

寝ぞうが悪いにしては
故意を感じたので問うてみれば

下で寝ているオレに また
キティの毛布をかけただろう!
彼はそう断言して いきり立っている

以前 泥酔してそのまま
階下で寝込んだ夫に
キティの毛布をかけて
意地悪をしたことはあった

キティの毛布は
キティの白くて細い毛にまみれて
お外で いくらパンパンとはたいても
ほこりと毛だらけの
非衛生的な代物で そんなものを
寒かろうと優しい気持ちでかけられても

ぞっとするくらいの毛布だ

が 夕べはそんなこと
キティの毛布を彼にかけることはしていない

夕べ 彼が深酒をしたまま
下で寝入ったあと
たまたま そばにあった
キティの毛布やクッションを
知らず知らず わが身で引き寄せて
暖をとったに相違ないのだ 

飲みすぎたのは
嬉しかったからだと知っている

きのうの夕方 いつもの魚屋さんで
ご主人おすすめの
鯛のお刺身と 
その店手作りのエビフライを
新婚のモトムス夫婦の分ももとめ
アパートに届けたのだが

ふたりが外まで出て
夫とわたしを見送ってくれた姿に
かわいいなぁ うれしいなぁ
・・と 彼をいたく興奮させてしまった

だから飲みすぎたのだった

風がふいて 桶屋がもうかるのとは異なって
だからアタシは早朝から
いきなりなぐられ
理路を唱えて
さらになぐられるのだった

(いったい なんなんだよ?!)

昨日は つい同伴で帰宅したものだから
今朝は 自分の車がない
アタシの厄を義母にもあてがうように
アタシは義母に送られて出社し

着いてすぐ ブログに
その一部始終を書き留めようと
あらかたを書いたのだ
がしかし クリックのしぞこないで 
送信せぬまに文章は雲散した

誰にも迷惑はおよばぬが
自分だけの小さな世界で
たしかに厄は続いているのだった
by f-sekkou | 2010-06-04 11:08 | 日常 | Comments(0)

クマシカ

馬と鹿じゃなくって 熊と鹿なの

アタシが住んでいる田園から
山へ入ってすぐのあたりで
また 再びのまた

同じ在所の方が熊におそわれた

ラジオを鳴らしながら
歩いていらしたと聞いたあと
襲われるときは襲われるのだと
その逃げ場のなさに
怖いとおもいましたが

ヒトと同様
遭遇したクマも怖かったでしょう

メス熊だったので
たぶん 傍にいただろう小熊を
危険から守ろうという気持ちも強かったでしょう

その防衛が 自らの死を招くことになり
負傷した方の不幸とともに
母熊と 親を亡くした小熊の不孝と
切なくなります

わたしもですが
山のふもとに住んでいる割には
山に無知であり 
山に無頓着で
市内のヒトたちの持つ感覚に近いんじゃないか

そんな頼りなさがあります

社長は 同じ日
五箇山という もっと標高の高い山へ
車で上がっていました

碑石を納める現場の
下見でしたが
車のすぐ傍で

クマシカ_b0062748_145330.jpg

カモシカをみています

シカもまた
ヒト(社長)の様子をうかがいながら
クマシカ_b0062748_1474269.jpg


けっこうな自然の中に
アタシタチは 住んでいることを
実感させられました

ちなみに 納めた碑石は
こんなです・・
クマシカ_b0062748_14132880.jpg

by f-sekkou | 2010-06-03 14:15 | 世事 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧