<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大工組合

今日は 大工組合の寄り合いだ

ということで J工務店さんのT棟梁との
女子会ならぬ男子会があるらしい
なにが大工組合なのか

バレバレじゃん

これから彼をJTと呼称しよう
(JAPAN TOBACCO INC.とは関わりがございません)

土曜日で月末で盆前で
なにかと気ぜわしい昨今
外で飲みたい気持ちもわからないではない

今日は 夜9時から
貫地谷しほりさんが出る2時間ドラマもあるし
まぁ 奥方としては大目にみよう

大工組合_b0062748_17361366.jpg

実はならないけど 葉っぱだけ
繁々となったゴーヤで
弊社も少しだけ エコしています
by f-sekkou | 2011-07-30 17:38 | ひとりごつ | Comments(0)

あくまーま

隔週で
富山へ嫁いだモトムス家族が泊まりにやってくる
夫婦から家族という単位になったのは
もちろん子どもが生まれたからで

10月で2歳を迎える その子どもが
ユズさんが結構な勢いで
会うたんび変化していることに
子どもを育てた経験のあるはずの

アタシはいまさらに驚いている

TVに写るCMだろうがなんであろうが
写るもの その動きに共鳴して
身体を動かし かつ
達者ではない口ぶりでクチマネをしようとする

アタシたちにも
まるで宇宙語を駆使するように
難解な言葉で一方的に会話をし始める

言わんとすることは
正直さらさらわからない
わからないが 喋っている雰囲気に
呆然と感動してしまう

もうひとつ驚くのは
ママの姿を追って マーマと呼んだり
あげく泣き出しちゃうから
こちらとしては
高笑いをしたいくらい

ユズさん バカだなぁ
洗脳されてるよぉって
鼻先でふふんとおもうんだ

君のママ、もとアタシのムスメは
まーま、というより
悪魔のママ

あくまーま、なんだよぉ
だから夫とふたりして

ユズさんがマーマと呼ぶたんび
あくまーまって一緒になって呼ぶんだよ
by f-sekkou | 2011-07-25 18:21 | 日常 | Comments(0)

2tユニック車

2tユニック車_b0062748_15222020.jpg

昨夕 納入されて
今朝 みなで仕様を確認している図です

2tユニック車_b0062748_15261482.jpg

右奥にある2t車が うん十年と苦労をかけた車です

早朝でも深夜でも
熱くても寒くても
おもたい石を載せて
お仕事をしてくれましたね

御世話になりました
どうも ありがとうございました
by f-sekkou | 2011-07-20 15:30 | お仕事 | Comments(0)

なでしこジャパン

なでしこの花は
なでしこジャパン_b0062748_8403127.jpg

枯れた花を摘み取れば
またあらたに花が咲く
何回でも咲こうとする花なんだ

昨日は朝方3時40分過ぎ 起きられるはずもないと
たかをくくって寝たのに ちゃんと目があいて
応援したい夫を起こすことが出来た

だから彼は
女子サッカーワールドカップの試合を
いちぶの隙もなく観たが アタシは役目をおえて
彼を起こすという大役をおえて 眠りに就いたので
最後のPK戦のすこし手前までをリアルには観ていない

言い方は無礼になるけど

そんじょそこいらに生えている撫子の風貌の
みなさんなのに どっこい
そんじょそこいらのアタシとは全くことなる
力強い雑草のようなチームだ

ふだんからスポーツを観戦しない
帰宅部系のアタシが ちょっとなのに
その試合をのぞいて 涙がながれるほど
一瞬で感動させられてしまった

スポーツって確かにヒトに感動を与えられるし
アタシみたいなやつでも 
今日いちにちガンバローって思える なにがしかの
力添えをかんじる

政治家って 誰でもなれるような
なまやさしい仕事ではないと認めるけど
政治家の方々にもおよばない
力とか影響力とかが
スポーツには あるように感じられた
by f-sekkou | 2011-07-19 09:01 | 世事 | Comments(0)

ひとえだ

紫陽花を切花にするときは
すこしのこころづもりが要る
切り口を炭化するほどコンロの火で焼いて

しばらく
水につけておかなくてはならないから

きちんと水を吸ってくれるとわかってから
花瓶にかざろう

ひとえだ_b0062748_1544147.jpg

事務所の玄関先に紫陽花のひとえだを飾った
ひとえだ_b0062748_1553839.jpg


先刻 いらしたお客様は
ホームセンターでもとめた
30cm角の石張りに似せたボードを
7枚 巾を落として欲しいという依頼だったが

話しの途中から
社長とお客様 まるまるさん?まるまるか?
敬称と呼び捨てで 互いを認知して

高校のときの柔道部の先輩後輩
(弊社側は後輩です)だということに気がついた

だから ひと切りいくらという会話は
夕方までにやっておきますよという暗黙の了承に変じた

今日は 暑かった昨日よりもさらに暑いけど
炎天下 うん十年ぶりかの再会は
見ている傍目にも幸せを感じられたの
by f-sekkou | 2011-07-17 15:19 | 風物詩 | Comments(0)

アマガエル

みどりの葉のオブジェのように
あざやかに同様の色をしてアマガエルは
静かに生息している

アマガエル_b0062748_16513363.jpg


彼や彼女は 年をとらないのかしら
だって いつだって新鮮な色をして
その小ささは可憐で
生まれたてのように美しい

夕立がないかぎりは
朝と夕方の2回 花たちに水をあげている
暑さはヒトにかぎらず大敵だろうから
そのホースの水をうけて

かくれていたアマガエルたちが
のそのそバツが悪そうに這い出してくるのも
かわいらしくおもしろい
by f-sekkou | 2011-07-14 16:58 | 風物詩 | Comments(0)

証書借り入れという長期にわたる借金も
毎月の返済をかさねて
ようやく残高が半分近くになれば
あと半分だからガンバロウ

折り返し地点にたどり着いたランナーのように
気持ちも上向くのだが
銀行という業者さんは そのあたり
こちら側 顧客側の気分とはまた異なる
ガンバロウ精神にいたるようだ

資金需要を見越して今のうちに
早い時期に算段をしてはどうでしょう
返済額もこれだけ減ってきましたし

柔らかな物腰で しかし執拗に
要求を通しにいらっしゃる

経営革新の認定を頂戴したあとは
さらに その攻勢が増してきて
利率の低い融資が受けられますよと
銀行員さんがいらっしゃる

雨が降る日には傘を貸さず
晴れの日に傘を貸そうとする
弱い業者の石屋には そんなふうにしか

映らない
傘_b0062748_1053725.jpg

弱弱しいけど伸びようとしているゴーヤたち
傘_b0062748_1053518.jpg

事務所の裏で こぼれ種から発芽したゴーヤたち
by f-sekkou | 2011-07-13 10:49 | ひとりごつ | Comments(0)

そうだった

事務所の裏手に草々(くさぐさ)をはやかして
森の小径(こみち)だと
ヒトリでガッテンしていたけど
そのことを忘れていた

玄関の土間にも 幾鉢もの植物を
置いていることもあって
事務所の中も外も植物にまみれている

かつ暑さもあって
事務所の前も後ろも開け放っている

つまり事務所とは名ばかりで
自然状態になっているんである
糸トンボもオニヤンマも
入ってくれば トカゲだって
石張りの土間を飛ぶように走ったりしている

だからうっかりすると
鉢と鉢とのあいだに見慣れぬ
ヒモのような長いものが静かに動いていることだって

ある 

そうだった 動くヒモのことを
つい うっかりと忘れていた

今日だって 間一髪のところで
開け放った裏口から浸入されかかったんだ

おねがい!こないでって
ひとりで叫びながらドアを閉めたとき
この時節の大事なことを忘れていたことに
ようやく気がついた

日中は 工場のかたも現場に
駆り出されることが多い昨今
事務所に侵入されたらアウトなのだから

じゅうぶん 気をつけよう・・
by f-sekkou | 2011-07-12 18:06 | ひとりごつ | Comments(0)

明日は

明日は社長ひとりで
埼玉県草加市へ行きます

(みやげの煎餅が楽しみだなぁ)

建材試験センターという所に伺って
墓石の耐震実験をさせてもらうにあたり
事前の説明を受けに行くのだそうですが

いま現場から戻った社長は
昨日すればよかったものを
今日になって 試験センターへの提出物を
作成し始めました

ミツゴノタマシイなんとかで
間際にならないとしようとしない

そのあたり アタシとは真逆で
そのあたり 里の姉を彷彿させるものがある・・

・・とにかく 明日は日帰りで
いざ埼玉へ
by f-sekkou | 2011-07-11 18:21 | お仕事 | Comments(0)

おあつうございます

めずらしく今週は 家に戻れる時間が
遅くって 時代劇専門チャンネル20時からの
『暴れん坊将軍』に間に合うか間に合わぬか

接戦だ

だから必然
夕飯の支度も短期決戦を迫られる

母が用意してくれた いんげんやなすびなどは
油通しをしてから 味付けをする
火をとおしておくと 煮付けるのも早くできるからね

きゅうりは大目の塩でもんで
乱切りして少量の水といっしょに
タッパーにいれておくと 即席の漬物になる

この時期は買い物をしていなくても
畑の野菜 ことに
なすびに助けてもらって 家庭も家計も
まわってる感じだ

新聞に紹介されていてもとめたのは
『雑草と楽しむ庭づくり』
お花ならともかく そんじょそこいらに生えている
草たちが 堂々と写真入りで載っていた

でも草という緑のおかげで土壌はよくなり
光合成もおこなわれていることを知れば
抜き取って排除するばかりが能じゃない

一面の草々も 5㎝ほどの丈で刈り取れば
芝生にも値する緑のじゅうたんだという発想には
ちょっと頭をさげよう

舗装から どっこい顔を出している
スベリヒユ メヒシバ オヒシバ
頑固なオオバコ

見慣れた草々(くさぐさ)を
力任せに抜きながら
草がかわいらしく思えてくる御本だった
by f-sekkou | 2011-07-08 14:00 | 日常 | Comments(0)


株式会社福光石工


by f-sekkou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

福光石工ホームページ

カテゴリ

全体
マイブーム
お仕事
風物詩
世事
工場の移設
お商売
日常
ひとりごつ
日々徒然に
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

勉強不足でした 少し知識..
by 148-88 at 08:42
今度は 恐竜博物館に行きます
by 148-88 at 08:38
大塚美術館は圧巻ですよね..
by 愛ランド at 22:46
奇遇ですね。私は4日に永..
by 愛ランド at 22:43
大量注文ですか? お褒め..
by 148-88 at 07:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
50代

画像一覧